ブログ

宙を奏でる点描曼荼羅画ファースト講座を開催いたしました

6月10日ファースト講座

宙を奏でる点描曼荼羅画ファースト講座を先週2日間開催させていただきました。

6/6は我が家にて開催しました。

両日ともお一人様づつの講座だったのですが、女子同士はすぐに打ち解け会えるので、何気ない雑談で盛り上がったりなどお一人様ならではの楽しい感じがあります。

しかしながら痛感するのは体験会にしてもファースト講座にしても、毎回同じ内容で進めさせていただくのにもかかわらず
その時その時のタイミングで、私自身、自分への「気づき」があります。

自分で生徒さんに教えているつもりが、自分で言ってることに自分でハッとしたりとか。。。
教える人が一番教えられるというのはこういうことなんですね。

一瞬一瞬「いま」を意識すること。

ファーストインスピレーションが直観であること。

最初難しいと思う仕事も、一点一点に意識を向け、直観に従っていけばいいということ。

コンパスを使う時、自分が動かずにあくまでも紙を動かすこと。イコール自分軸をキープするという事

コンパスの中心(自分軸)がずれれば、他もすべてずれてしまうこと。

などなど心に残りました。。

ファースト講座では紙の切り方、コンパスの使い方、点の打ち方、下図の描き方などレクチャーさせていただきます。

6/6での曼荼羅です。

上ふたつが生徒さんの曼荼羅です。

こちらは6/10の曼荼羅です。
この日は八王子8beatにて開催いたしました。下のふたつが生徒さんの曼荼羅です。

美しいですね――

講座の前に「今日はこういう曼荼羅を描きます。」とお伝えした際に、お二方とも「え。描けるのかしら??」といった感じでしたが、
ほら。素晴らしい曼荼羅、描けたじゃないですかーー

関連記事

ページ上部へ戻る