ブログ

華奢リング制作・K10かK18か

K10でのジュエリー制作方法

リフォームやオーダージュエリーご依頼の際「10金で」とご指定されることがよくあります。
K10は金素材でありながらも、お求めやすいお値段であるということで人気があるのだと思います。
制作方法の話となりますが、SV925、950、純銀、K18でのジュエリー制作の場合は地金からお作りすることが可能です。

K10での制作方法といたしましては、まずワックスで原型を制作し、それを鋳造させていただくこととなります。
ワックス原型ワックス原型制作の様子

地金での制作の場合、制作に使用する地金はこちらで新しい地金を購入、もしくはお客様のお持込の地金を溶かして使用させていただくことになるわけですが、
K10の地金は地金屋さんでは販売されていないので、ワックス原型をK10に鋳造することになります。

K10の地金の成分構成

金42%
その他の58%….銀・銅・その他
なのですが、

半数以上の58%「その他」に何が含まれているか。。。これに関しては特に規定として厳しくないようです。
ですので銀や銅以外の成分がメーカーによって配合されているようです。

K10はその他の58%にどんな成分が配合されているかわからないためお持込地金での溶解やロウ付けの際に失敗するリスクが高くなってしまうのですーーーー。

地金の溶解(参考写真)
地金溶解

この写真の段階でうまく混ざり合わなかったりするとアウトですー。

やってみて、うまくいった時もございましたが、正直なところ実際溶かしたりしてみないと分からない。。といった感じなのです。

華奢リングでのK10での制作とK18での制作、お見積りの差

下の写真2点のようなシンプルなデザインの指輪をお作りする際、地金を叩いて伸ばして制作する方が、原型をワックスで制作して鋳造するよりも「制作コスト」としてはお安くなります。

目安といたしまして、

下の写真のリング(K18、13号、リング幅2mm、厚み1.5mm叩き仕上げ)は2.3gです。

地金代は毎日変動はしておりますが、2.3gほどのリングですと、(平成29年12月16日)

地金代

K10でお作りした場合→約4400円

K18でお作りした場合→約8000円

ほぼ倍となりますが、こういったデザインの場合「制作コスト」がK10の方が高くなりますので総額としましてはK10もK18もさほど変わらないお見積り構成となります。

*デザインによってはワックス制作でないとお作りできないものもございます。詳細はお問い合わせください。

K18リング

10Kネックレスをリングにリフォーム詳細

参考記事
地金を溶かして再利用できるかどうか

関連記事

最近の記事

ページ上部へ戻る