宙を奏でる点描曼荼羅画

点描曼荼羅バナー

この「宙を奏でる点描曼荼羅画」は黒い紙にコンパスで下絵を描き、
5つのシンプルなルールを守って御自身の直観(インスピレーション)に従って進めていただくだけで曼荼羅の世界観を味わっていただけます。

これまで絵が苦手!と思われていた方でもすばらしい曼荼羅画を描いていただけます。
世界にたった一つの曼荼羅画です。

これは、直観を信頼するワークで、最初のコンパスの下絵やマスのルールこそはあるものの、
どんどん無限に世界が広がっていく様を体験できます。

そして「直観を信頼する」という行為そのものが御自身にとっての最良の「答え」をキャッチしていくことにつながります。
「宙を奏でる点描曼荼羅画」を重ねていくうちに願いが叶う意味や仕組みを体感していただけます。

一瞬一瞬の直観を信頼することは、日常の生活でも大切であることに気が付いていきます。

《5つの約束事》を守って描いていただくことで、宇宙がそこに現れ、直感力が育ち、願いが叶ったり、シンクロが起こりやすくなります。
それが「宙(そら)を奏でる点描曼荼羅(旧:願いを叶える点描曼荼羅画)」です。略して「宙奏(そらかな)」と呼ばれています。

忙しく雑多な日常、悩みなどでぐるぐるまわりの思考を静め、御自身の直観と向かい合いながら美しい曼荼羅ワークをしませんか?

049a

■ミニ点描曼荼羅体験会 ■

簡単な下図が描いてある紙へ点を打ち、点描画とは何かを知っていただく為の体験です
体験会では、こちらで準備した紙に描かれた下絵に直感を使いながら自由に点描で色を入れていきます。

この点曼荼羅は
絵の苦手な方でも楽しんでいただくことができます。
あなただけのオリジナルの点描曼荼羅画を描いていきます。
こんな方におすすめです
●点曼荼羅をとりあえず描いてみたい方
●日常どうしても忙しくなってしまう作業、仕事、家事、、、その他もろもろ。。
心を静めるひとときを持ちたいと思われる方

—————————————
1回 1500円(税込)

※道具すべて貸与。簡単な額装付き。
※所要時間は1時間30分くらいです
※体験会は何度でもご参加可能です。

宙を奏でる点描曼荼羅画講座の内容は体験会ではお伝えできません。
開催予定日はトップページのお知らせ欄をご参照ください。

■「宙を奏でる点描曼荼羅画Ⅰファースト」講座 ■

「宙を奏でる点描曼荼羅画Ⅰファースト」講座では、基本を学んで頂き、ご自身で下図から描き、自由に展開して頂けるようになります。
このくらいの曼荼羅が描けるようになります。
ファースト講座曼荼羅
ファースト講座曼荼羅2

ファースト講座の流れ

● 宙を奏でる点描曼荼羅画とはどういうものなのか?をお話します。なぜ願いが叶うのか「宙を奏でる点描曼荼羅」の本質をお話しします。

● ひたすら1点1点
ひとつひとつの作業を確認しながら、下図を描いて頂き、点描を打って頂き、「宙を奏でる点描曼荼羅」を仕上げていきます。

完成した作品はお持ち帰り頂けます。
描き上がるお時間は個人差がありますが、1枚+αほど体験していただけます。

・道具、材料について
・下絵~完成までの描き方、注意点
・願いを叶えるための5つの約束事、何故「願いを叶える」点描曼荼羅画になるのか?

※「宙を奏でる点描曼荼羅」のテキストに沿って講座を進めていきますが、実際に描いて頂くことが中心となります。


所要時間・・・・・・約3時間×2コマ(一日で開催の場合は6時間/一日、二日間で開催の場合は3時間/一日が二日間となります)
曜日・・・・・・・・金曜、もしくは日曜
料金・・・・・・・・12,000円(テキスト、道具レンタル、修了証込)+場所、お茶代
場所・・・・・・・・八王子・その他高尾のスペース(ご予約後場所などの詳細をメールにてお送りいたします)

持ち物・・・・・・・方眼の入ったカッターマット(100均にあります)、直定規、三角定規、分度器(お持ちでしたら)、シャーペン、シャープ式コンパス(針折りたたみ式は使えません)。

丸一日開催の場合(2コマを一日の場合)お昼休みをはさみますのでランチをお持ちください。

お問い合わせはこちらから


ファースト講座の後、セカンド講座に進んでいただくとより複雑な曼荼羅を描くことができるようになります。

■セカンド講座について ■

セカンド講座はマスターセカンドプラクティショナーの開催する講座を受講されるか、
メールにての通信講座を公式HPからお申し込みください。

ギーダリーワークスではフォローアップ、ブラッシュアップ講座の開催を近日予定しております。


■私と「宙を奏でる点描曼荼羅画」■

私は点曼荼羅は写経・瞑想のようにとらえておりまして、
2015年から描いています。

絵心などいらず、上手とか下手とか「いい」とか「悪い」のジャッジなしです

1点1点ポチポチ。。とあせらず進めていきます。
この1点1点は「今」という瞬間の1点1点。

点・点・点

今・今・今・・・あせらない。あせらない。。

これはただ単に「今」を意識して一つ一つの点を打っただけのもの。

今・今・今・・ただその結果仕上がったもの。
それは曼荼羅だけじゃなくて他のことにも当てはまると思います。

面白いことに絵を進めていくうちに、
途中必ずと言っていいほど挫折のような気持ちを味わいます。
「ここのこの色ちょっとまずくない?!」みたいな。。
でもその後その自分が「まずい」と思ってしまったところこそ特に愛情込めて育ててあげると、
完成するときはすべてがよかったーーーーという気持ちでいっぱいになるんですよ。。。

描き進めていくうちにいろんな雑念が沸き起こってきます。
それはそれでそういうものだと思いますが、
「ああ。私早く完成させたくてあせっているな」とかいう自分の思いを客観的にとらえることができます。

日常どうしても忙しくなってしまう作業、仕事、家事、、、その他もろもろ。。
1点1点落ち着いて丁寧に進めていきたいなあ

ということで最近作業の前に1-2時間曼荼羅ワークを取り入れています。

「宙を奏でる点描曼荼羅画」の詳細につきましては
公式HP「Mandara uni-verse」をご覧ください。

ページ上部へ戻る