外れてしまう指輪のダイヤをペンダントトップに

ピンクダイヤが留められていた結婚指輪。
30年間、何度かピンクダイヤが外れ、その度にお店で石留めをされていたとおっしゃいました。

このデザイン、石が外れてまた石留めする際、周りの地金をちょっと削って石留めすることになるのですが石留めの際に地金が少しづつ減っていってしまいます。また石が外れてしまいそうです。

お客様は結構こちらの石が落下することでストレスを感じられていらっしゃったそうです。

せっかくのダイヤがストレスの元となってはもったいないお話です。

そこで、こちらのピンクのダイヤをお外しし、旦那さまから送られたとおっしゃるK18WGのダイヤのペンダントトップの下につけられたらどうかというお話になりました。

ピンクダイヤを外した後のプラチナリングは地金のみのリングとしてデザインさせていただくことになりました。

デザインご決定と完成写真

K18WGネックレスリフォーム

K18WGのダイヤの石座の下に、ピンクダイヤの石座を新しくお作りしてロウ付けするわけですが、そのままロウ付けするよりも、間に粒のようなものを入れたほうが形として良いのではというご提案をさせていただきました。

完成写真です

プラチナリングリフォーム

写真のようにお持ちのダイヤのリングと重ね付けされたいとのことでした。
お客様とラインでお打ち合わせさせていただくうち、お客様の持つふんわりしたやさしい雰囲気がすごく伝わってまいりまして、
リングもふんわりとした優しい波のリングをご提案させていただきました。お打ち合わせの中で伝わる雰囲気やキーワードはとても大切です。

リングの太さも、重ね付けされるということもあり、またお客様もおっしゃるようにあまり太いものは適していないと感じました。
でも華奢なデザインでも違うと思いました。

こちらのリングに重ね付けご予定だそうです。

完成写真です

お客様の声

とても気に入りました。サイズ感もピッタリです(^^)
この度は大変お世話になりました。

また何かの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします

ご着用写真をくださいました

ご納品後、ブログの記事にしてくださいました。
本当に嬉しいです!


指輪たちが変身しました!

About


ギーダリージュエリー
吉田純子

ジュエリーは(特に普段使いジュエリーは)季節やご利用シーン・お洋服が変わってもどんな時もいつもお客様に美や豊かさを与えてくれる存在です。

常に自然の造形からインスピレーションを得、また他のジュエリーデザインにもアンテナを張っています。
そしてジュエリーの構造、石の留め方、線の太さ、工程などを想定を常にしています。

持ち主が幸せな気持ちになれる、おまもりにしていただけるようなジュエリー作りを目指しています。

●彫金歴18年
●美大建築科卒業一級建築士
オリジナルジュエリーの制作も行っております。
デザインのディテールにもこだわります
●制作は(現在となっては数少ない)職歴40年の日本人の宝飾職人によって作られます。
●ジュエリーリモデルカウンセラー1級
古物商許可 第308771506557号
●パーソナルジュエラー3級
お似合いのデザインをおすすめいたします
●聴覚障害児を育てました
お伝えされたい内容を汲み取ってビジュアルや形にする訓練を自然に積みました。
●2023年7月より受託者賠償責任保険適用
お預かりのルース・ジュエリーに万が一のことがあった場合保険が対応になります。

他東京都在住。関西人。

詳しいプロフィールはこちら

リフォーム事例

  1. 真珠のリフォーム
  2. ルビーリング正面
  3. SVブローチリフォーム
  4. ダイヤ一粒ネックレス
  5. プラチナリングリフォーム
  6. プラチナオパールリフォーム完成
  7. ダイヤお持込K18リング正面

ジュエリーご相談会のお知らせ・in 八王子

PAGE TOP