ブログ

ジュエリーとアクセサリーの違いを考える

こんな何気なーいご質問をいただきました。

「ねえ。これってジュエリーなの?アクセサリーなの?」
ビーズネックレスリフォーム

「ジュエリー」と「アクセサリー」何気にごっちゃに考えがちですが
今日はその言葉の違いを考えてみたいなと思います。

アクセサリーって日本語でいうと「装飾品」です。
まあ、ネットであまり「装飾品」とは検索して来られないですが(笑)

アクセサリー(装飾品) → 単純に「身につけて飾るもの」

欧米では靴やバッグなどもこのaccessoryの概念に入るそうです。
日本だと靴やバッグはどっちかというとアクセサリーというかんじがしませんね。
「アクセサリー」というと、「車のアクセサリー」や「デジカメの本体とアクセサリー」とか「パソコン周辺アクセサリー」などにもこの言葉、使われます。 この場合「車の」とか「デジカメの」とかメインとなるものが他にあって「アクセサリー」は「付属」というかそんなイメージですよね。 だから「洋服」がメイン、付属としてメインを飾る「装飾品=アクセサリー」みたいな概念なのでしょうか。。。。
「普段使いの装飾品」を「アクセサリー」の概念ととらえる考えもあります。

一般的にジュエリー(jewelry)とは主として使われている素材が貴金属のものを言う
貴金属=金、銀、プラチナです。
とはいっても細かく言うとジュエリーに使われる金、銀、プラチナにはロジウムやパラジウムや銅などが成分として入ってます。
が主に金、銀、プラチナが成分として作られているものとなります。

 

「アクセサリー」は「装飾品」と言う意味となり使用素材、用途も問わず(例えば車のアクセサリー、など)その中に「金、銀、プラチナを素材として使用している装身具=ジュエリー」が含まれている ということになるのではないでしょうか

なのでご質問の答えとしましては
真鍮のパーツに革紐のものなどもありますので「両方お作りしています」
ということになります。

今日は「ジュエリーとアクセサリーの違い」をちょっと考えてみました。

関連記事

ページ上部へ戻る