ベネチアンガラス片方イヤリング

片方なくしたイヤリングをネックレスに変更

イヤリングの片方をなくされたらしく、残った方をネックレスに。
というご依頼がありました。
イヤリングをなくしてしまう事ってやはりどうしてもありますね。

ご購入されたお店に御相談されるのが本当はよいとは思うのですが、プレゼントだったり、お店がわからないこともあります。


今回のような形状のチャームの場合は、

チェーンを通すバチカンを取り付け、チェーンを通せばネックレスとなりますので最も簡単で安価にネックレスに変更できるデザインです。

ベネチアンガラス

イタリアの作家さんの作品だそうです。美しいヴェネツィアングラスですね。

眺めているだけで癒されるとおっしゃっていたオーナーさん。
ネックレスのチャームとしてまたお楽しみいただけます♡

ベネチアンガラスイヤリングをネックレスに

 

片方なくしたピアスをピンキーリングに変更

そして、「片方なくしたピアスをピンキーリングにリフォームさせていただいた」記事です。

片方なくしたピアスとターコイズイヤリング

写真の右のお花のようなK18ルビーとダイヤのイヤリングを片方なくされ、タンスの中に残ったイヤリングは長い間眠っていたようです。
真ん中と左のターコイズのイヤリングは「デザインが古い」とお感じになられていたようで、これもまたタンスの中に眠っていたようです。
この機会にとターコイズのイヤリングも同封されました。

お打ち合わせの結果、ターコイズのイヤリングはルースのみご返却、で地金はリフォームに使わせていただくことになりました。

今回はお送りいただきました地金(イヤリング3p分)を溶解して利用させていただきました。
(お客様からお送りされた地金を直接使うのではなく新しくこちらで地金を用意させていただくこともあります。)

pinky2

華奢めのシンプルなデザインの3号のピンキーリングにしましょうというお話になりました。

重量を計測いたしました。1.9gでした。
ギリギリ足りるか、ちょうどいいか、すこーーし余るか。。微妙なところです。
地金計測

お送りいただいたイヤリングの地金を溶解させていただきました。サイズは3号リングでした。

k18イヤリングをピンキーリングに完了
k18イヤリングをピンキーリングに完了上

k18イヤリングをピンキーリングに完了横

お客様からお喜びのメールをいただきました!!

“15年タンスの肥しだったピアスがついに陽の目を見る時が来て、大変嬉しいです。重ねづけに丁度良いピンキーになりました。”

わたしもとても嬉しいです。

なくしたピアス、かわいいジュエリーにリフォームできます!!

上の例のように使わなくなった古いジュエリーがありましたら地金を再利用できます。(K18、プラチナの場合)

どうぞ画像添付の上ご相談くださいませ↓(片方復元は現在行っておりません)

お問い合わせはこちらから

リメイク豆知識

  1. 職人による手作りジュエリー
  2. 雨の日クモの巣
  3. 18金刻印
  4. K18蓮の花ピアス正面
  5. トキリマメ

お客様へのご案内

  1. シンプルなネックレスにリメイク
  2. 地金を叩く
  3. 地金を溶解

オーダー事例・他

  1. K18 お持込ルースホワイトサファイヤアメリカンピアス
  2. ホワイトサファイヤイエローサファイヤK18リング
  3. プラチナリフォーム御納品
  4. 水晶リング斜めから
  5. イエローサファイヤリング正面
  6. 珊瑚とルビーの重ね付け
  7. メレダイヤリングリフォーム御納品
  8. ヘソナイト華奢リング
  9. イエローサファイヤペンダント正面
PAGE TOP